古民家動的耐震診断

建物は常に地震発生時以外に置いても微細な振動を受けて建物自体も振動を起こしています。正確には交通機関や各種機械などから人為的に受ける振動や、風や波浪などの自然現象に基づき地盤が小さな振動をしているのです。
古民家動的耐震診断はこの微細な地盤の振動と、それに起因する建物の振動を同時に計測しその振動データを解析処理する事で建物の振動特性値を求め地震の際に建物がどう地震応答での振動をするかを推測し、耐震補強に役立てる方法です。
実際の計測は地震計を建物近くの地盤面と、建物中央部の2階床面に水平直角方向に建物の短辺方向、長辺方向に設置して数分間振動を測定、これを3回繰り返しデータを収集して解析を行います。

古民家動的耐震診断とは

元早稲田大学理工学術院教授(現:一般社団法人伝統構法耐震評価機構 理事)の毎熊輝記氏が策定した動的耐震は地震時に発生する共振的振動とそれに伴う建物の変形を簡便な調査方法で検討し、得られた振動特性値を用いて建物の動的耐震性能の定量的な評価を行うシステムです。

交通機関や機械的振動等の社会的活動を原因とする地盤の小さな震動と、それに起因する建物の振動特性値を実測して、耐震の性能評価を実施します。
また、在来構法と伝統構法では当然ながら振動特性は代わり、伝統構法のほうがその固有周期は大きくなります。これは在来構法では構造要素の壁を多く設けて強度を確保しているいわば「剛構造」の建物となり、伝統構法の建物は壁がほとんどない「柔構造」の建物であることの表れです。

伝統構法の建物は水平方向に変形しやすく、大きな変位の振動で振動する場合でも木材が持つ復元力を活かせる構法であるため在来構法の建物に比べて破壊しにくいしなやかな性質の構造体です。

このしなやかさを上手く活用した耐震改修を行うためにも一般的な壁量計算などの静的耐震診断よりも動的なこの耐震診断でシミュレーションする方が自然な耐震改修が行える可能性が高いと推測され、動的耐震で得れた耐震性能情報を元にどのような耐震性能を持たせた設計クライテリアを描き、その条件を満たす改修方法を明確に提示できるかという問題と、その改修方法が現行の建築基準法上で示された基準をクリアしているかの証明であろうかと思います。
改修方法に関しては現行の基準法内での対応という点で検討するならば金物に頼った対応になり、本機構が提案する金物の基準、設置箇所などの設計が既存伝統構法住宅の耐震改修のスタンダードとなっています。

参考文献
グリーン建築推進協議会 川上幸生著 平成23年12月20日「伝統構法の耐震性能についてその評価法についての見解」リポート

建物の古民家動的耐震診断の特長

①診断時間は、およそ1時間程度と通常の静的耐震診断に比べ短期間で耐震診断が可能です。

②動的耐震診断費用につきましては、12万円+交通費/1回で、施工前、施工後の診断を行うことが基本となります。
施工後が不要な場合も同価格です。
 ※構造・面積などによって変わる場合があります。一度お問い合わせ下さい。
 ※一度診断を行った後、再診断を実施する際の費用は6万円+交通費となります。

③古民家の一般的静的耐震診断より、費用と時間の軽減につながります。

④伝統構法(古民家)の耐震改修は基本的には容易ではないのですが、
 専門家による耐震改修工法提案で強度不足の悩みも解消されます。

⑤動的耐震診断の結果、耐震改修が必要となり、耐震施工を行なう場合には、時刻暦応答解析による改修プランを作成します。(費用は10万円+消費税)
再築基準にもとづき改修をおこなった場合は改修プラン費用はお返しします。

建物の動的耐震診断

古民家動的耐震性能診断について

ご不明点はお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。